スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮想デスクトップソフト「NoteDesktop」

2010年08月08日 18:31

デスクトップを複数画面で表示したい。
だけど、お金も場所もないって人に便利です。

Sample1
NoteDesktop_Sample1

Sample2
NoteDesktop_Sample2

Sample3
NoteDesktop_Sample3

Sample1 ⇔ Sample2 ⇔ Sample3
を簡単に切り替えられるデスクトップツールです。
それぞれの画面タスクバーには、表示されているウィンドウ分しか
表示されないので、タスクバーもすっきりさせて作業することができるツールです。

<---個人的評価--->
普段から、フォルダやアプリケーションを開きっぱなしにしている自分としては
かなり使えるツールだと思う。

プログラムでわからないところを参考サイトを見ながらためし打ち
ってときに、エディターとサイトの表示領域を半々ぐらいにしてよく作業してるんだが・・・

プログラムって全体を見回しながら出ないと、なかなか理解しづらいんですよね~。
その上領域を半分にしたら、スクロールさせなきゃいけない場面も頻発するし、
こういうのって結構ストレスがたまります('A`)

それに比べこのツールを使えば、一つ一つの作業領域を狭めなくてすむのですごく便利!!

ディスプレイを何個も用意するより
このツールを使えば視点移動も少ないから、こっちのが便利かも!?

仕事でもこのツールはすごく使えそう。
割り込みで急ぎの仕事が入ることはよくあること。
今やっている作業状態を保存しときたい、閉じるのはいろいろ面倒
でも開いたまま作業すると、急ぎの仕事がやりづらい・・・

こんなときはデスクトップを切り替えてから作業できて
中断している作業状態も保存できるから、最高です!!

まあ、欠点といえば・・・
readme.txt見ても使い方が理解しづらいのと
同一フォルダを別の画面で操作すると、どっちかに引っ張られるって所かな~

<--2010/08/14 追記-->
しばらく使ってみたが、結構有用なツールだけど
タブウィンドウ対応のアプリや2重起動を許可していないアプリなどとは
やはり相性が悪いみたい。

あと、Wordとも相性が悪い?
たぶん自動保存が実行されるときに
Wordが開いているページにいないと、Wordの一部だけ今開いているページのほうに移ってくる
見たいな状況になりますね。(言葉だとうまく説明できないけど・・。)

ここら辺はそのうち改善されることに期待です。


※紹介ページ
32ページまで切り替えられる仮想デスクトップソフト「NoteDesktop」 -窓の杜-

※作者様ページ
bBOX


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://individualmemo.blog104.fc2.com/tb.php/1-40c8e3cc
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。