スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Android】初めてのAndroidプロジェクト~おなじみのHello Android

2010年12月23日 18:18

どのプログラム学習でもおなじみの
Hello World 
を表示させます。

開発環境構築が出来ていない人は
【Android】開発環境作成
を見てください。

Eclipseを起動させ、
「ファイル」→「新規」→「Androidプロジェクト」を選択
または
「ファイル」→「新規」→「その他」で表示されるウィザードで
「Android」→「Androidプロジェクト」を選択

すると↓のような画面が表示されます。
new_AndroidProject.jpg


簡単に説明すると・・・

・プロジェクト名
任意のプロジェクト名を入力する。

・アプリケーション名
任意のアプリケーション名を入力する。
ここで入力された文字が、アプリのタイトルバーに表示される

・パッケージ名
任意のパッケージ名を入力する。
(パッケージについてはJavaの書籍やサイトを参照)

・Creat Activity
アクティビティを作る場合に、チェック入れて任意の名前を入力する。
アクティビティってのは、アプリ画面という認識でOK(…なはず)

・ビルドターゲット
使用したい機能がある場合は、それ以上のバージョンを指定する必要がある。
まぁ、シェア的にも初心者が使うような機能的にも1.6ぐらいを指定すればいい?
わからなければ、学習用途だし一番新しいので問題ないだろ。

min SDK Version
・最低このバージョンより新しいなら、動きますよってのを指定する。
ここで指定したバージョンに満たないAndroid端末では実行できなくなる。
普通は、ビルドターゲットで指定したAPIレベルと一致させると思う。




すると↓みたいプロジェクトが作成されて
helloAndroid_Project.jpg

基本的にAndroidは
プログラム部分と、デザイン部分を分けて扱われる。
srcにプログラム部分を
resにデザイン部分(画面設計とか画像、メッセージ一覧とか)を置く
genにあるソースは、自動で作成されるため基本的に編集しない。

この時点で作られたファイルを説明すると
・stirngs.xml
メッセージをまとめるファイル。プログラムからここを参照して文字を表示させたりする。
ここでメッセージを管理することで、多言語対応とかもやりやすくなるみたい。

・layout
画面レイアウトなどを入れとく場所。

・drowable-****
画像とかのリソースを保存する場所。ちなみにリソースは大文字とかもダメで
ローマ字小文字と数字で名前をつける必要があるみたい。
同じような名前のディレクトリがあるけどこれは端末の解像度によって
画像を自動選択してくれる。(2.3以上?少し前まではなかったんだがな~)

後は、自分で入力した内容と、自動作成された内容を比較して
どこかどうなっているのかを実感すると良いと思う。



作成したプロジェクトを右クリック→実行→Androidプロジェクト
で実行するとこうなる。
helloAndroid_run.jpg

たぶん画面は最初ロックされてると思うけど、ロックをはずすとアプリが起動される。
エミュレータ内の操作はいろいろ弄るってみる。
最初だし、Android端末になれるって意味でも必要かも。新しい携帯買ったら、とりあえずいじって機能と操作方法を確認するのとやってることは一緒だな。

自分が作ったアプリのアイコンがメニュー一覧にも表示されるようになるので、
そこも確認しとこう。左下にHelloAndroidアプリのアイコンが作られている。
HelloAndroid_menu.jpg


っで、Hello Worldはプロジェクト作成しただけで、作成終了です。
どう作成されたのか、ファイルの中身をみておぼろげながら理解したら
あとは使いながら覚えていけば良いでしょ。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://individualmemo.blog104.fc2.com/tb.php/33-92069475
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。