スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非同期処理を行う ~part1

2011年01月15日 15:20

Androidで非同期処理をやってみた。

でも、JavaにあるThreadのやり方をほぼそのまま
Android風に直しただけの簡単なものです。

Androidで時間がかかる処理を行うと、
一時的にインターフェースが固まったようになる。

インターフェースが固まってしばらくすると、
応答しません的なエラーメッセージが表示されて
強制終了を選択されると、処理中でも強制終了しちゃう。
そこで、非同期処理で画面系と処理を分けてこのエラーを出ないようにする。

スレッド処理をやるときの注意点として
メインスレッド以外で画面のインターフェースを変更しようとしないこと。
(たとえば、textViewの文字を別スレッドから終了メッセージを表示するとか)

Javaでのスレッド処理方法とかは、
http://www.tohoho-web.com/java/thread.htm
を参照。

別スレッドで、画面を変更したい場合はどうするかというと Handlerを利用する。
Handlerは、メインスレッドに「この処理やってください」って依頼する窓口みたいなもの。
こうやって画面は変更すればいい。

ってことで、ここのソース全文を載せると

Threadクラスを継承する場合と、Runnableインターフェースを実装する場合でも
どっちでも同じような感じで作成できる。

でも、AsyncTask クラスというのがあるみたいなので
スレッド処理はそっちでやったほうが良さそう。
次回あたりはここらへんを書きたい。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://individualmemo.blog104.fc2.com/tb.php/51-5fba0219
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。